保険金の請求

保険金を請求する前に

毎回、自動車保険の延長更新をおこなうばかりでずっと保険に加入しているにも関わらず事故に遭遇したことがなく請求を一回もしていないという方はたくさんいると思います。
本当に良い保険なのか良くない保険なのかを事故にあった時に判断出来るのですがなるばくなら事故に会う前にこの保険はいいものなのか知りたいですよね。
現在の日本では車に乗っている方ならほとんどの方が自動車保険に入っていると思いますが、内容がどんなものなのか加入している保険について尋ねられてもすぐに答えれる人はあまりいないんじゃないでしょうか。加入する際にはスタッフに良いことばかりを言われ安心しきってもう大丈夫だと思ってしまうのはしょうがないですが基本的に普段から冷静な方でも事故をおこしてしまうとパニックになってしまいます。
なので、自動車事故を起こす前に加入している保険のサービスを事前に知っておくことは最も重要なことであり、補償内容について全然知らないのに相手に全部補償しますなどの事を言ってしまってその場で示談のようなことをしてしまった場合、保険会社に示談したものについてはこちらで補償は出来ないと言われてしまうケースもあります。
たいてい、保険会社は、事故をおこした当事者同士の交渉を担ってくれる役割なので事故をおこしてしまった場合は自分で示談などをする必要は全くないのですが契約時に保険会社からそのようなことを伝えらることはあまりありません。パニックになって冷静さを失ったとしても一度でも示談をしてしまうと撤回は中々出来ないので注意しましょう。
もう一つ忘れたらまずいのは、保険会社は事故にあった当事者の責任をとってくれるものではなく簡単にいえば契約に基づいて補償を遂行してくれるという事だけです。
加入されている保険会社が、もしもかなり補償内容が大きい場合であっても車同士の事故の場合は、一方の不注意のみが原因でおきてしまうというのは非常に少なく保険会社はその事故の調査をきっちりしてからじゃないと補償をどの程度してくれるのかなどはわかりません。事故にあってから、実際にどのようにお金を受け取ったりするのかやどのようにして保険金の計算をしているかなどを勉強しましょう